徳島県三好市(読み)みよし〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕三好〈市〉(みよし〈し〉)


徳島県西部にある市。
吉野川中流域に位置し、香川・高知・愛媛の3県に接する。2006年(平成18)、三好郡の三野町、池田町、山城町、井川町、東祖谷山村、西祖谷山村が合併して成立。市域の大半を山地が占める。三野町地区は、東みよし町を挟み飛び地となっている。JR土讃(どさん)線・徳島線と徳島自動車道が通じる交通の要衝。ブロイラーの養鶏と、茶、シイタケ、山菜、ハッサクなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。日本酒・みその醸造も行われる。大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)と祖谷渓(いやけい)は剣山(つるぎさん)国定公園の代表的景勝地。祖谷地方は平家落人(おちゅうど)の里として知られ、西祖谷山村には平家屋敷民俗資料館がある。四国八十八ヵ所第66番札所雲辺(うんぺん)寺(真言宗)がある。江戸時代には葉タバコの製造販売で発展。東祖谷の落合地区には当時の家屋が多く残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島県三好市の関連情報