コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島県勝浦郡勝浦町 かつうら〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕勝浦〈町〉(かつうら〈ちょう〉)


徳島県中東部、勝浦川中流域の町。勝浦郡
温州(うんしゅう)ミカン・スダチ栽培が盛んで、県の果樹研究所がある。製材業に加え、電機・鉄工などの工場が操業。四国八十八ヵ所第20番札所鶴林(かくりん)寺(真言宗)がある。1989年(平成元)以降毎年2月下旬から人形文化交流館で開催されているビッグひな祭りでは、巨大なひな壇に約3万体ものひな人形が飾られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

徳島県勝浦郡勝浦町の関連キーワード徳島県勝浦郡勝浦町三溪徳島県勝浦郡勝浦町沼江徳島県勝浦郡勝浦町坂本徳島県勝浦郡勝浦町生名徳島県勝浦郡勝浦町星谷徳島県勝浦郡勝浦町中角徳島県勝浦郡勝浦町久国徳島県勝浦郡勝浦町棚野ひなの里かつうら勝浦みかん寒天はちみつ太良製材業鶴林寺鉄工

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android