徳島県勝浦郡勝浦町(読み)かつうら〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕勝浦〈町〉(かつうら〈ちょう〉)


徳島県中東部、勝浦川中流域の町。勝浦郡
温州(うんしゅう)ミカン・スダチ栽培が盛んで、県の果樹研究所がある。製材業に加え、電機・鉄工などの工場が操業。四国八十八ヵ所第20番札所鶴林(かくりん)寺(真言宗)がある。1989年(平成元)以降毎年2月下旬から人形文化交流館で開催されているビッグひな祭りでは、巨大なひな壇に約3万体ものひな人形が飾られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android