コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島県小松島市 こまつしま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕小松島〈市〉(こまつしま〈し〉)


徳島県東部の市。
小松島湾に臨み、西部は徳島市に隣接する。1964年(昭和39)、新産業都市徳島地域に指定され、工業化。パルプ紡績・合板などの工場が進出。重要港湾小松島港がある。温州(うんしゅう)ミカン・スダチ・ヤマモモの栽培が盛ん。ちりめんやちくわなど魚加工品が特産品。四国八十八ヵ所第18番札所恩山(おんざん)寺(真言宗)、第19番札所立江(たつえ)寺(真言宗)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島県小松島市の関連情報