コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島県海部郡海陽町 かいよう〈ちょう〉

1件 の用語解説(徳島県海部郡海陽町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕海陽〈町〉(かいよう〈ちょう〉)


徳島県南端にある町。海部(かいふ)川流域に位置し、太平洋に面する。海部郡
南部と西部は高知県に接する。2006年(平成18)、海部郡の海南町、海部町、宍喰(ししくい)町が合併して成立。JR牟岐(むぎ)線海部駅から第3セクターの阿佐海岸鉄道阿佐東線が延びる。キュウリやブロッコリー、菊・バラなどの花卉(かき)栽培が盛ん。漁業ではマグロ・カツオ・イワシなどを水揚げする。海岸一帯は室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園の景勝地で、ほかに八坂八浜(やさかやはま)・大里松原(おおざとまつばら)・海老ケ池などの見どころがある。竹ケ島海中公園に指定。海部川支流の母川流域はオオウナギの生息地として国の天然記念物に指定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳島県海部郡海陽町の関連キーワード海部川日和佐大浜海岸徳島・海陽究極の清流 海部川風流マラソン海南[町]海部[町]牟岐[町]海部壮平海部ハナ海部正秀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone