コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島県海部郡美波町 みなみ〈ちょう〉

1件 の用語解説(徳島県海部郡美波町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕美波〈町〉(みなみ〈ちょう〉)


徳島県南東部にある町。太平洋に面する。海部(かいふ)郡
2006年(平成18)3月、海部郡の由岐町、日和佐(ひわさ)町が合併して成立。JR牟岐(むぎ)線が通じる。古くから漁業が盛んで、マグロ・アジ・アワビ・イセエビなどを水揚げし、水産加工業も行う。農業では稲作とイチゴや野菜・花卉(かき)の栽培と畜産が行われる。海岸部は室戸阿南(むろとあなん)海岸国定公園に属する。千羽海崖(せんばかいがい)は断崖が続く景勝地。大浜海岸はウミガメの産卵地として国の天然記念物に指定されている。日和佐うみがめ博物館カレッタがある。四国八十八ヵ所第23番札所薬王(やくおう)寺(真言宗)がある。田井ノ浜海水浴場の近くにはハマボウの群生地がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳島県海部郡美波町の関連キーワード大隅半島白浜愛知表日本御宿土佐清水八戸日立三沢白糠[町]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳島県海部郡美波町の関連情報