徳島県那賀郡那賀町(読み)なか〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕那賀〈町〉(なか〈ちょう〉)


徳島県中南部にある町。那賀川中・上流域に位置する。那賀郡
2005年(平成17)、那賀郡の鷲敷(わじき)町、相生(あいおい)町、上那賀町、木沢村(きさわそん)、木頭村(きとうそん)が合併して成立。北西部は剣山地の山々が連なる。町域の大半を山林が占め、スギやヒノキの林業が盛ん。シイタケ・茶・イチゴ・花卉(かき)などの栽培が行われる。木頭地区では良質のユズを特産。那賀川には川口ダム・長安口ダムなどのダムがあり、県の電源地帯となっている。高の瀬峡は剣山(つるぎさん)国定公園に属する景勝地。阿南市にある太龍(たいりゅう)寺にロープウエーが通じる。鷲敷(わじき)温泉・四季美谷(しきびだに)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android