徳島県阿波市(読み)あわ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕阿波〈市〉(あわ〈し〉)


徳島県にある市。
吉野川中・下流域北岸に位置する。2005年(平成17)、板野郡の吉野町、土成(どなり)町と阿波郡の市場町、阿波町が合併して成立。この合併により、阿波郡は消滅。徳島自動車道が通じる。主産業は農業で、稲作のほか、レタス・トマトなどの野菜、スイカ・メロンなどの果物、柑橘(かんきつ)類の栽培が盛ん。錦鯉の養殖も行われ、市場町には四国で唯一の錦鯉流通市場がある。ゴム・繊維・食品などの工場が進出。四国八十八ヵ所第7・8・9・10番札所の十楽(じゅうらく)寺(真言宗)・熊谷(くまだに)寺(真言宗)・法輪(ほうりん)寺(真言宗)・切幡(きりはた)寺(真言宗)がある。讃岐(さぬき)山脈南麓にある奇勝阿波の土柱(どちゅう)は国の天然記念物に指定。吉野川下流域に日本最大級の川島、善入寺(ぜんにゅうじ)島がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

徳島県阿波市の関連情報