徳島県鳴門市(読み)なると〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕鳴門〈市〉(なると〈し〉)


徳島県北東部の市。
鳴門海峡に面し、大鳴門橋で兵庫県の淡路島と通じる。1585年(天正13)、蜂須賀(はちすか)氏が入国。撫養地区は塩田が開かれ塩の町として発展。畿内(きない)と結ぶ阿波(徳島県)の玄関口で交通の要地をなした。漁業が盛んでハマチ・ワカメ(鳴門わかめ)の養殖を行う。医薬品・化学薬品や水産加工などの工場が進出。なると金時(サツマイモ)・鳴門れんこんが特産。大谷(おおたに)焼は国の伝統的工芸品に指定。渦潮(うずしお)観光の拠点。四国八十八ヵ所第1番札所の霊山(りょうぜん)寺・2番札所の極楽寺も参詣客でにぎわう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳島県鳴門市の関連情報