コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島県鳴門市 なると〈し〉

1件 の用語解説(徳島県鳴門市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕鳴門〈市〉(なると〈し〉)


徳島県北東部の市。
鳴門海峡に面し、大鳴門橋で兵庫県の淡路島と通じる。1585年(天正13)、蜂須賀(はちすか)氏が入国。撫養地区は塩田が開かれ塩の町として発展。畿内(きない)と結ぶ阿波(徳島県)の玄関口で交通の要地をなした。漁業が盛んでハマチ・ワカメ(鳴門わかめ)の養殖を行う。医薬品・化学薬品や水産加工などの工場が進出。なると金時(サツマイモ)・鳴門れんこんが特産。大谷(おおたに)焼は国の伝統的工芸品に指定。渦潮(うずしお)観光の拠点。四国八十八ヵ所第1番札所の霊山(りょうぜん)寺・2番札所の極楽寺も参詣客でにぎわう。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳島県鳴門市の関連情報