コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳巌養存

美術人名辞典の解説

徳巌養存

江戸前期の曹洞宗の僧。讃岐生。徳巌は道号、養存は法諱、号を亀山山人、俗姓は矢野。高松見性寺鉄山に師事し修行、のち同寺十四世となり、同国宮脇村に自性庵を創建、周防泰雲寺住持となる。また徳川光圀に召されて常陸大雄院に住した。著書に『永平語録撃説』『仏祖袈裟考』等。元禄16年(1703)寂、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android