コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川(一橋)慶喜 とくがわ(ひとつばし) よしのぶ

1件 の用語解説(徳川(一橋)慶喜の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

徳川(一橋)慶喜

1837〜1913(天保8〜大正2)【十五代将軍】大政奉還も空しく、王政復古により、徳川幕府最後の将軍に。江戸幕府最後の将軍となった。 第十五代(在職1866〜67)。水戸藩主徳川斉昭の7男。1847年、一橋家を継ぐ。家定の継嗣問題で一橋派に推されたが実現せず、家茂の死後に将軍就任。翌1867年、大政奉還を行い、倒幕派との厳しい政治状況の打開を図った。同時に慶応幕政改革を開始、徳川氏による近代統一国家を目指した。しかし、王政復古の大号令がなされ、鳥羽・伏見の戦に破れると、朝廷に恭順。

出典|財団法人まちみらい千代田
江戸・東京人物辞典について | 情報

徳川(一橋)慶喜の関連キーワード光の科学史徳川文庫デトリングバルカン戦争マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone