コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川(一橋)慶喜 とくがわ(ひとつばし) よしのぶ

江戸・東京人物辞典の解説

徳川(一橋)慶喜

1837〜1913(天保8〜大正2)【十五代将軍大政奉還も空しく、王政復古により、徳川幕府最後の将軍に。江戸幕府最後の将軍となった。 第十五代(在職1866〜67)。水戸藩主徳川斉昭の7男。1847年、一橋家を継ぐ。家定の継嗣問題で一橋派に推されたが実現せず、家茂の死後に将軍就任。翌1867年、大政奉還を行い、倒幕派との厳しい政治状況の打開を図った。同時に慶応幕政改革を開始、徳川氏による近代統一国家を目指した。しかし、王政復古の大号令がなされ、鳥羽・伏見の戦に破れると、朝廷に恭順。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

徳川(一橋)慶喜の関連キーワード平岡円四郎徳川家定原市之進

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android