コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川光義 とくがわ

美術人名辞典の解説

徳川光義

尾張名古屋藩徳川家二代当主。家康の孫、義直の長子。名は光友、光義は初名。従二位権大納言に至る。武技を能くする一方、書画管弦茶道にも通じた。画は初め狩野探幽に学び、また松花堂昭乗に師事する。書は諸流を学び、世に後西天皇・藤原信尋と共に書の三蹟と称せられる。元禄13年(1700)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android