コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川忠長とお昌

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳川忠長とお昌

利発だった忠長(1606〜1634)は2代将軍秀忠にかわいがられ、後継と目されていた。しかし、家光の乳母春日局の家康への直訴もあり、世継ぎを家光に奪われた。駿府藩(静岡市)藩主を務めた後、家光の命令で高崎藩(高崎市)に預けられ、28歳で自害を命じられたとされる。お昌は、織田信長の次男信雄(のぶかつ)の孫。正室となったのは忠長22歳、お昌15歳の時との記録もあり、結婚生活はわずか数年だった。

(2008-01-11 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

徳川忠長とお昌の関連キーワードコーク(Sir Edward Coke)ガリレイ徳川家光ボロトニコフの乱徳川忠長クックナポリ派コルネイユ(Pierre Corneille)クアケルナックバリニャーノ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android