コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川忠長とお昌

1件 の用語解説(徳川忠長とお昌の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳川忠長とお昌

利発だった忠長(1606〜1634)は2代将軍秀忠にかわいがられ、後継と目されていた。しかし、家光の乳母春日局の家康への直訴もあり、世継ぎを家光に奪われた。駿府藩(静岡市)藩主を務めた後、家光の命令で高崎藩(高崎市)に預けられ、28歳で自害を命じられたとされる。お昌は、織田信長の次男信雄(のぶかつ)の孫。正室となったのは忠長22歳、お昌15歳の時との記録もあり、結婚生活はわずか数年だった。

(2008-01-11 朝日新聞 朝刊 東京都心 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳川忠長とお昌の関連キーワード桑原忠長利発うるせ・し北朝鮮の弾道ミサイルの射程鳥居忠房

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone