徳川 義寛(読み)トクガワ ヨシヒロ

20世紀日本人名事典の解説

徳川 義寛
トクガワ ヨシヒロ

昭和期の宮内官僚 元・宮内庁侍従長。



生年
明治39(1906)年11月7日

没年
平成8(1996)年2月2日

出生地
東京・牛込

学歴〔年〕
東京帝大文学部美学美術史学科〔昭和5年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲二等旭日重光章〔昭和52年〕

経歴
尾張藩主の一門で、旧男爵家の長男。ドイツ・ベルリン大学哲学科に3年間留学。帰国後帝室博物館研究員を経て、昭和11年侍従となる。44年侍従次長、60年10月侍従長に就任し、63年4月退官。終戦前夜近衛師団の反乱にあい、脅されながらも昭和天皇の玉音放送の録音盤と木戸幸一を守った話は著名。平成11年終戦前後の天皇や宮中の動きを分刻みで記録した日記が「徳川義寛終戦日記」として出版される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

徳川 義寛 (とくがわ よしひろ)

生年月日:1906年11月7日
昭和時代の官僚。宮内庁侍従長
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳川 義寛の関連情報