徳本上人(読み)とくほんしょうにん

美術人名辞典の解説

徳本上人

江戸後期の僧。浄土宗武蔵一行院一世。紀伊生。姓は田伏。往生寺大円に従って出家、のち法隆寺叡弁律師より印可を受ける。徳本念仏の唱導者で、念仏聖として知られる。文政元年(1818)寂、61才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳本上人の関連情報