コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳永柳洲(1871~1936)

1件 の用語解説(徳永柳洲(1871~1936)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

徳永柳洲(1871~1936)

岡山県生まれの洋画家。本名は仁臣(ひとおみ)。洋画を学ぶため18歳で上京後、日刊紙「萬朝報(よろずちょうほう)」に入社。著名人の肖像や相撲の挿絵を描き、大隈重信や井上馨ら政財界人とも交流した。晩年は富山県に移住し、立山や黒部峡谷の自然風景を描いた。

(2014-08-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳永柳洲(1871~1936)の関連キーワード平勇雄三宅大涛藤彦衛吉田苞有馬三斗枝織田東禹佐藤一章原撫松ベル串田油井夫山

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳永柳洲(1871~1936)の関連情報