コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹書記

美術人名辞典の解説

徹書記

室町中期の臨済宗の僧。備中生。名は正徹、字は清巌、招月庵と号する。京都東福寺栗棘菴に入り書記となり、徹書記と称する。幼時より和歌を能くし、冷泉為秀に師事。草庵の火災により詠草二万数千首を焼失したが、歌集『草根集』になお多くの歌を残す。著書に『なぐさめ草』『徹書記物語』等。長禄2年(1458)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

てっしょき【徹書記】

正徹しようてつの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徹書記の関連キーワード清巌正徹正徹物語東常緑智恩寺異名正敬正韵宗牧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android