徹書記

美術人名辞典の解説

徹書記

室町中期の臨済宗の僧。備中生。名は正徹、字は清巌、招月庵と号する。京都東福寺栗棘菴に入り書記となり、徹書記と称する。幼時より和歌を能くし、冷泉為秀に師事。草庵の火災により詠草二万数千首を焼失したが、歌集『草根集』になお多くの歌を残す。著書に『なぐさめ草』『徹書記物語』等。長禄2年(1458)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android