コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹書記

美術人名辞典の解説

徹書記

室町中期の臨済宗の僧。備中生。名は正徹、字は清巌、招月庵と号する。京都東福寺栗棘菴に入り書記となり、徹書記と称する。幼時より和歌を能くし、冷泉為秀に師事。草庵の火災により詠草二万数千首を焼失したが、歌集『草根集』になお多くの歌を残す。著書に『なぐさめ草』『徹書記物語』等。長禄2年(1458)寂、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android