コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徽宗皇帝

1件 の用語解説(徽宗皇帝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徽宗皇帝

北宋の八代皇帝。六代神宗の第十一子。名は趙佶。文芸の保護・育成に熱心で、自らも詩書画を能くした。画は呉元瑜に学んで精緻な写生的花鳥画を得意とし、書は痩金体と呼ばれる独特の書風を創始。音楽も愛好するなど多才な文人皇帝として知られる。紹興5年(1135)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徽宗皇帝の関連キーワード永璘成親王睿宗司馬光明十三陵李唐神宗新法万暦文帝

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone