コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徽宗皇帝

美術人名辞典の解説

徽宗皇帝

北宋の八代皇帝。六代神宗の第十一子。名は趙佶文芸の保護・育成に熱心で、自らも詩書画を能くした。画は呉元瑜に学んで精緻な写生的花鳥画を得意とし、書は痩金体と呼ばれる独特の書風創始。音楽も愛好するなど多才な文人皇帝として知られる。紹興5年(1135)歿、53才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

徽宗皇帝の関連キーワード大宋宣和遺事和剤局方花石綱北宋

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android