心太・瓊脂(読み)ところてん

大辞林 第三版の解説

ところてん【心太・瓊脂】

テングサなど、寒天質を含む海草を煮て溶かし、箱に流して冷やし固めた食品。ところてん突きで麺めん状に突き出し、醬油や酢・からしなどをかけて食べる。 [季] 夏。 《 -煙のごとく沈みをり /日野草城 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android