心太・瓊脂(読み)ところてん

大辞林 第三版の解説

ところてん【心太・瓊脂】

テングサなど、寒天質を含む海草を煮て溶かし、箱に流して冷やし固めた食品。ところてん突きで麺めん状に突き出し、醬油や酢・からしなどをかけて食べる。 [季] 夏。 《 -煙のごとく沈みをり /日野草城 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android