コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心室中隔欠損(症) しんしつちゅうかくけっそんしょうVentricular Septal Defect(VSD)

1件 の用語解説(心室中隔欠損(症)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんしつちゅうかくけっそんしょう【心室中隔欠損(症) Ventricular Septal Defect(VSD)】

[どんな病気か]
 心室中隔に孔(あな)が開いている(欠損)状態で(図「心室中隔欠損症」)、肺血流量が増加しています。もっとも頻度の高い先天性心疾患です。
 多呼吸、努力呼吸、哺乳(ほにゅう)困難などの症状がみられれば、乳児期早期、遅くても1歳までに治療します。
[治療]
 膜様部(まくようぶ)中隔欠損は、孔が自然に小さくなることがあるので、病状が許せば、1歳まで手術をしないでようすをみます。症状がなければ、治療を必要としないことがほとんどです。ただし、左心室(さしんしつ)の拡大や肺高血圧があれば、外科的治療が考慮されます。
 筋性部中隔欠損は、乳児期の外科的治療が困難なことがあります。この場合は、肺血管床を保護するために肺動脈絞扼術(はいどうみゃくこうやくじゅつ)(先天性心疾患とはの「外科的治療」の肺動脈絞扼術)を行ない、幼児期や学童期になってから、欠損部を閉鎖する手術をします。
 流出路部中隔欠損は症状がなくても、大動脈弁逸脱(だいどうみゃくべんいつだつ)と呼ばれる状態をともなうことがあります。この場合、大動脈弁の変形や大動脈弁閉鎖不全が存在し、手術が行なわれることがあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone