コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心当て・心宛て こころあて

大辞林 第三版の解説

こころあて【心当て・心宛て】

あて推量。見当。 「かねて-にしていたこと」
心のうちで期待すること。心だのみ。 「兼ての算用には十五両の-/浮世草子・胸算用 3
心掛け。心構え。 「あつぱれ賢き-かな/仮名草子・伊曽保物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心当て・心宛ての関連キーワード仮名草子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android