心臓しんとう

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

心臓しんとう

胸部への衝撃で心臓の筋肉がけいれんを起こし、血液が正常に送れなくなり、心臓が停止する症状。軽い衝撃でも発症することがあり、胸部の骨が未発達の子どもに起こりやすい。救う会は、発症した場合の対応として(1)できるだけ多くの人に事故を伝え、医療従事者心臓マッサージができる人を探す(2)救急車AEDを手配(3)AEDがあればすぐに使用し、ない場合には心臓マッサージと人工呼吸を繰り返すことを提唱している。

(2007-09-29 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android