コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌み・斎 いみ

大辞林 第三版の解説

いみ【忌み・斎】

〔動詞「いむ(忌)」の連用形から〕
神に仕えるために汚けがれを避けて謹慎すること。
死・産・血などの汚れに触れた人が一定期間、神の祀まつりや他人から遠ざかること。 「 -が明ける」
避けるべきこと。方角・日取りその他、一般によくないとされていること。差し支え。はばかり。 「事の-あるはこたみはたてまつらじ/源氏 絵合
他の語の上に付いて複合語を作り、汚れを清めた、神聖な、などの意を表す。 「 -斧」 「 -垣」 「 -鎌」 「 -竈かまど」 「 -場」 「 -柱」 「 -殿どの」 「 -服殿はたどの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忌み・斎の関連キーワードはばかり

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android