コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍・荵 しのぶ

大辞林 第三版の解説

しのぶ【忍・荵】

シノブ科夏緑性シダ植物。岩や木に着生する。根茎は太く、長くはい、淡褐色の鱗片を基部に密生する。葉は長柄で根茎につき、三角形で羽状に分裂する。根茎を丸めて忍玉しのぶだまを作り、夏、軒下などにつるして観賞する。忍ぶ草。事無草ことなしぐさ
「忍ぶ摺り」の略。 「 -の乱れ限り知られず/伊勢 1
ノキシノブの異名。
かさねの色目の名。表は薄い萌黄、裏は青。秋に着用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忍・荵の関連キーワードノキシノブ淡褐色忍ぶ草鱗片根茎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android