コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍・荵 しのぶ

大辞林 第三版の解説

しのぶ【忍・荵】

シノブ科夏緑性シダ植物。岩や木に着生する。根茎は太く、長くはい、淡褐色の鱗片を基部に密生する。葉は長柄で根茎につき、三角形で羽状に分裂する。根茎を丸めて忍玉しのぶだまを作り、夏、軒下などにつるして観賞する。忍ぶ草。事無草ことなしぐさ
「忍ぶ摺り」の略。 「 -の乱れ限り知られず/伊勢 1
ノキシノブの異名。
かさねの色目の名。表は薄い萌黄、裏は青。秋に着用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone