コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志水甚五(初代) しみず じんご

1件 の用語解説(志水甚五(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志水甚五(初代) しみず-じんご

?-1675 江戸時代前期の装剣金工。
寛永9年豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)前藩主の細川忠興(ただおき)にしたがい,伯父平田彦三とともに中津から肥後(熊本県)八代(やつしろ)にうつる。伯父にまなび,鷲(わし),竜などを真鍮(しんちゅう)で肉厚に象眼する厚手の鉄鐔(つば)をつくる。延宝3年5月死去。名は一幸。通称は仁兵衛(じんべえ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志水甚五(初代)の関連キーワード談林十百韻光の科学史企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉日系人帰国支援事業帰国支援事業阿部忠秋海北若冲智利

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone