コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田素琴

1件 の用語解説(志田素琴の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

志田素琴

俳人。名は義秀、別号に不遠舎・虚白。義証の次男、長念寺志田家養嗣子。東大卒。俳諧を藤井乙男に師事。岡山六高教授・東京成蹊校教授を務める傍ら東大・国学院大で俳諧史を講じる。『懸葵』『草上』等に関係し、『東炎』を創刊主宰する。文学博士。また蔵書家でもあり志田文庫の名で保存されている。著書に『日本類語大辞典』『俳文学の考察』等がある。昭和21年(1946)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志田素琴の関連キーワード谷蘭畹鳥尾得庵土岐湖月玄々斎内海安重虚白松兄不染山田宗学和田義秀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone