コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀原発2号機

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

志賀原発2号機

北陸電力が国内55基目の原発として志賀町赤住に建設した。出力は国内最大級の135万8千キロワットだったが、タービン羽根損傷に伴う修理で、120万6千キロワットに変更された。06年3月に営業運転が始まり、4カ月後の同7月、タービン羽根の点検で停止していた。周辺住民ら約130人が運転の是非をめぐって提訴しており、金沢地裁は06年3月、耐震性の不備を指摘し、運転を差し止める判決を言い渡した。控訴審で係争中。

(2008-03-27 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

志賀原発2号機の関連キーワード新耐震指針北陸電力

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志賀原発2号機の関連情報