コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀山せい(6代) しがやま せい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀山せい(6代) しがやま-せい

1860-1944 明治-昭和時代前期の舞踊家。
万延元年生まれ。5代の門弟。師の没後,志賀山流14代をつぐ。大正8年に名を勢喜から勢以とあらためた。15代は孫の宇佐美梁子(やなこ)がつぐ。昭和19年死去。85歳。本名は山添ふさ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀山せい(6代)の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学万延第二帝政ラトビアウラジカフカス中国白書鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone