コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀島の国宝金印

1件 の用語解説(志賀島の国宝金印の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

志賀島の国宝金印

1辺2.34センチの正方形で、材質は金、つまみはとぐろを巻く蛇の形。発見者は百姓の甚兵衛とされるが、異論もある。「後漢書」倭伝には「建武中元二年、倭奴国奉貢朝賀す。使人自ら大夫と称す。倭国の極南界なり。光武、賜(たま)うに印綬(いんじゅ)をもってす」とあり、この印に当たると考えられている。

(2012-11-20 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志賀島の国宝金印の関連キーワード方形周溝墓シックス判四方巡方正方正方形立方体裏曲正方形賛歌ランチ皿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone