コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀重昂 しが しげたか

美術人名辞典の解説

志賀重昂

地理学者・評論家。号は矧川。三河の人。三宅雪嶺等と雑誌『日本人』を発刊。明治24年刊行の『日本風景論』が日本アルピニズムの先駆として評価される。進歩党名誉幹事・農商務省山林局長・衆議院議員を歴任。昭和2年(1927)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

志賀重昂の関連キーワード牧口 常三郎三宅 雪嶺大井ダム恵那峡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android