コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀重昴 しが しげたか

美術人名辞典の解説

志賀重昴

地理学者・評論家。号は矧川。三河の人。三宅雪嶺等と雑誌『日本人』を発刊。明治24年刊行の『日本風景論』が日本アルピニズムの先駆として評価される。進歩党名誉幹事・農商務省山林局長・衆議院議員を歴任。昭和2年(1927)歿、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

志賀重昴の関連キーワード牧口 常三郎三宅 雪嶺大井ダム恵那峡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android