コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れ扇 ワスレオウギ

デジタル大辞泉の解説

わすれ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【忘れ扇】

涼しくなって使わなくなり、忘れられてしまった扇。 秋》
[補説]書名別項。→忘れ扇

わすれおうぎ【忘れ扇】[書名]

石川利光の短編小説集、およびその表題作。昭和32年(1957)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わすれおうぎ【忘れ扇】

秋になって、身辺にありながら手に取ることも置いてあることも忘れがちになった扇。捨て扇。秋の扇。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忘れ扇の関連キーワード捨て扇・捨扇石川 利光秋扇捨扇身辺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android