コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れ扇 ワスレオウギ

デジタル大辞泉の解説

わすれ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【忘れ扇】

涼しくなって使わなくなり、忘れられてしまった扇。 秋》
[補説]書名別項。→忘れ扇

わすれおうぎ【忘れ扇】[書名]

石川利光の短編小説集、およびその表題作。昭和32年(1957)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わすれおうぎ【忘れ扇】

秋になって、身辺にありながら手に取ることも置いてあることも忘れがちになった扇。捨て扇。秋の扇。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忘れ扇の関連キーワード捨て扇・捨扇石川 利光秋扇捨扇身辺

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android