応急仮設住宅の基準額

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

応急仮設住宅の基準額

災害救助法で、1戸あたり「238万7千円(29・7平方メートル)以内」と定められている。構造の規定はない。毎年の物価などを反映して見直されるが、基準額を超えても、ほぼ全額が国費負担。阪神大震災後の兵庫県での平均価格は252万円だった。

(2012-04-20 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android