コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応永の外寇・応永の外冦(読み)おうえいのがいこう

大辞林 第三版の解説

おうえいのがいこう【応永の外寇・応永の外冦】

1419年(応永26)、朝鮮王朝の太宗の軍勢が対馬つしまを襲った事件。対馬を、朝鮮各地に大きな被害を与えていた倭寇わこうの根拠地と目し、その一掃をめざしたものであったが、対馬守護宗貞盛そうさだもりの防戦にあい、間もなく撤退。己亥の東征。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android