コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応永の外寇・応永の外冦 おうえいのがいこう

大辞林 第三版の解説

おうえいのがいこう【応永の外寇・応永の外冦】

1419年(応永26)、朝鮮王朝の太宗の軍勢が対馬つしまを襲った事件。対馬を、朝鮮各地に大きな被害を与えていた倭寇わこうの根拠地と目し、その一掃をめざしたものであったが、対馬守護宗貞盛そうさだもりの防戦にあい、間もなく撤退。己亥の東征。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

応永の外寇・応永の外冦の関連キーワードウェンツェルフィリップ[2世]ジャン(無畏公)プラハ窓外放出事件フィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)応永の外寇後花園天皇ツォンカパフス戦争ロストック

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android