応用倫理学(読み)おうようりんりがく

大辞林 第三版の解説

おうようりんりがく【応用倫理学】

倫理学の分野の一。倫理の原理的探究ではなく、科学技術の発達を中心とする現代社会の諸問題に対応しようとする。生命・医療倫理、環境倫理、ビジネス(職業)倫理、コンピューター倫理などの総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用倫理学の関連情報