コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応神陵古墳と履中陵古墳

1件 の用語解説(応神陵古墳と履中陵古墳の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

応神陵古墳と履中陵古墳

応神陵古墳(大阪府羽曳野市、築造5世紀初めごろ)は全長約425メートル、履中陵古墳(堺市、築造4世紀終わりごろ)は同360メートルで、仁徳陵古墳(大山古墳、堺市)に次ぐ国内2、3位の大きさ。いずれも被葬者は不明だが、国内最大級規模であることから古墳時代の倭王である可能性が高い。

(2012-09-19 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応神陵古墳と履中陵古墳の関連キーワード羽曳野市古市羽曳野古市古墳群応神陵古墳サンプラザしらとりの郷・羽曳野応神陵藤井寺[市]百舌鳥・古市古墳群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone