コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忽必烈・忽比烈 フビライ

大辞林 第三版の解説

フビライ【忽必烈・忽比烈】

1215~1294) モンゴル帝国の第五代皇帝(在位1260~1294)。元の初代皇帝(在位1271~1294)。チンギス-ハンの孫。大都(北京)に都を遷し、1271年国号を元と称した。南宋を滅ぼし中国を統一、安南・ビルマ・ジャワを従え、高麗を服属させたが、日本遠征には失敗。世祖。フビライ-ハン。クビライ。 〔「忽必烈」 「忽比烈」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忽必烈・忽比烈の関連キーワードクビライ忽必烈在位

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android