思い上がる・思い上る(読み)おもいあがる

大辞林 第三版の解説

おもいあがる【思い上がる・思い上る】

( 動五[四] )
実際よりえらい者だと思い込む。いい気になる。うぬぼれる。 「 - ・った態度」
気位を高くもつ。自負する。 「はじめよりわれはと、-・り給へる御かたがた/源氏 桐壺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android