コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ草 おもいぐさ

大辞林 第三版の解説

おもいぐさ【思ひ草】

ナンバンギセルの古名か。 「道の辺の尾花が下の-/万葉集 2270」 〔和歌では多く「思い種ぐさ」とかけて詠まれ、また忍ぶ恋をする人にたとえられる。古来、種々の説があり、オミナエシ・シオン・ススキ・ツユクサ・サクラ・リンドウ・チガヤ・ナデシコなどの異名ともいう〕
タバコの異名。 「一わの火縄に火を付けて相合ぎせる-/浄瑠璃・丹波与作

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思ひ草の関連キーワード人間(文芸雑誌)ナンバンギセル

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android