思ひ顔(読み)オモイガオ

デジタル大辞泉の解説

おもい‐がお〔おもひがほ〕【思ひ顔】

(多く「…とおもいがお」の形で)…と思っている顔つき。
「いぎたなしと―にひきゆるがしたる」〈・二八〉
恋しいと思っているような顔つき。
「夜(よ)のほどもうしろめたきは花の上を―にてあかしつるかな」〈和泉式部続集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいがお【思ひ顔】

心の中の思いが表れている顔つき。 「つれなさを憂しと思へる人はよに笑みせじとこそ-なれ/落窪 1
恋しく思っているような顔つき。 「思はぬ人を-にとりなす言の葉/源氏 総角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android