思召・思食(読み)おぼしめす

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐め・す【思召・思食】

〘他サ五(四)〙
① (はたから見た、その人の様子を示す語が上に来て) そういう顔つきをなさる。
※枕(10C終)二七八「『さまあしうて高う乗りたりとも、かしこかるべきことかは。〈略〉』とものしげにおぼしめしたり」
② 物事を理解したり、感受したりするために心を働かせなさる。断定推量、意志、回想など種々の心の働きをいう。お思いになる。お考えになる。お感じになる。
※竹取(9C末‐10C初)「子安貝とらんとおぼしめさば」
③ ある対象に心をお向けになる。愛しなさる。大事になさる。
伊勢物語(10C前)四三「そのみこ、女をおぼしめして」
④ 他の動詞の上に付けて、その動作主への尊敬の意を加える。「おぼしめしいず」「おぼしめしたつ」「おぼしめしなげく」「おぼしめしやる」など。
[語誌](1)「おぼす」に「めす」が付いて敬意を強めたとも、上代の「おもほしめす」が変化したとも説かれている。「おぼしめす」は帝や院、中宮などに限って用いられた。
(2)天皇や上皇の言葉の中に自分自身に敬意を払う、いわゆる自敬表現として用いられることがある。

おもほし‐め・す【思召・思食】

〘他サ四〙 (動詞「おもほす(思)」に尊敬の補助動詞「めす」が付いてできたもの) 「思う」の尊敬語。尊敬の度合は非常に高い。お思いになる。お考えになる。おぼしめす。
※万葉(8C後)一・二九「いかさまに 御念食(おもほしめせ)か〈略〉楽浪(ささなみ)の 大津の宮に 天の下 知らしめしけむ」
[語誌](1)「続日本紀‐宣命」では、「聞こす」の場合は「聞こし召す」の形しかないが、「思ほす」の場合は「思ほし坐す」と「思ほし召す」の二種が見られる。オモホシマスの方が先行しているので、まず「思ほし坐す」が成立し、のち「聞こし召す」などの類推から、「思ほし召す」が一般化していったものと考えられる。
(2)神や天皇の行為に使われ、「思ほす」よりもさらに一段と敬意が高かった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android