思召遣(読み)おぼしめしやる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼしめし‐や・る【思召遣】

〘他ラ四〙 (「おもいやる(思遣)」の尊敬語) 遠くの物や、人の身の上などについて思いをめぐらされる。推察、同情なさる。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「おぼしめしやりつつ、ともし火をかかげつくして、起きおはします」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報