思回(読み)おぼしまわす

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐まわ・す ‥まはす【思回】

〘他サ四〙 (「おもいまわす(思回)」の尊敬語) あれこれと思案なさる。思い巡らされる。
※源氏(1001‐14頃)行幸「このひめ君の御こと、中将のうれへにやとおぼしまはすに」

おもい‐まわ・す おもひまはす【思回】

〘他サ四〙
① あれこれと思案する。思い巡らす。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「女おもひまはして、片田舎に子どもなどありければ」
② 昔のことを回想する。
※あやしやな(1889)〈幸田露伴〉七「思ひまはせば七年前、あの伯爵めに吾が娘くいッくりいは無理無体、遁る方なく一生の恥辱を負はせられたれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思回の関連情報