コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思川開発事業

1件 の用語解説(思川開発事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

思川開発事業

鹿沼市上南摩町の南摩川に建設中の南摩ダムと、その北側にある黒川、大芦川をダムの貯水池とつなぐ2本の地下導水路の建設工事の総称。災害防止などの「治水」と、生活用水工業用水の確保といった「利水」の両方を目的とする。総事業費1850億円のうち国が53%を負担。残りは関係自治体が支払う計画で、うち県は08年度末までに50億円を支出。鹿沼、小山両市も完成後に事業費の一部を支払う予定だ。ほかに埼玉、茨城、千葉各県と東京都も費用を負担している。ダム建設に伴う水没地域の住民は80戸で、08年末までに代替地などへの移転を終えている。

(2009-10-10 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone