思弱(読み)おぼしよわる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐よわ・る【思弱】

〘自ラ四〙 (「おもいよわる(思弱)」の尊敬語) しようと決意した心が弱くなられる。お気持がくじける。
源氏(1001‐14頃)明石「京の事を、かく関へだたりてはいよいよおぼつかなく思ひきこえ給ひて〈略〉おぼしよはる折々あれど」

おもい‐よわ・る おもひ‥【思弱】

〘自ラ四〙 あることをしようと決意した心が弱くなる。気がくじける。我を折る。⇔思い強(つよ)る
※落窪(10C後)三「北の方、〈略〉思ひよわる事有りて、やうやう文通はして、いひつく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android