コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思惑・思わく おもわく

大辞林 第三版の解説

おもわく【思惑・思わく】

〔「おもう」のク語法から。「惑」は当て字〕
思うところ。考え。意図。見込み。期待。 「彼には何か-があるらしい」 「 -がはずれる」 「 -どおり」
他の人々の考え。評判。気うけ。 「世間の-を気にする」
相場の変動を予想すること。
恋い慕う気持ち。恋心。 「吉三郎方より-数々の文ふみおくりける心ざし互に入り乱れて/浮世草子・五人女 4
恋い慕っている相手。意中の人。 「いはねどしるき四天王の-たち/浄瑠璃・関八州繫馬」
〔「おもう」のク語法〕
思うこと。 「君を-止む時もなし/万葉集 3189
思うことには。 「自ら-『…』 と思ふに/今昔 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報