思渡(読み)おぼしわたる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐わた・る【思渡】

〘他ラ四〙 (「おもいわたる(思渡)」の尊敬語) 長くずっと思い続けなさる。絶えずお思いになる。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「色にもいで給はねど、なほおぼしわたるに」

おもい‐わた・す おもひ‥【思渡】

〘他サ四〙 遠くのこと、昔のことなどを想像したり、回想したりする。
※源氏(1001‐14頃)紅葉賀「かかる程よりあけ暮れ見し。さればおもひわたさるるにやあらむ、いとよくこそおぼえたれ」

おもい‐わた・る おもひ‥【思渡】

〘他ラ四〙 長くずっと思い続ける。絶えず思う。
※万葉(8C後)四・七一四「情(こころ)には思渡(おもひわたれ)ど縁(よし)を無(な)み外(よそ)のみにして嘆(なげき)そわがする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android