思紛(読み)おぼしまぎる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐まぎ・る【思紛】

〘自ラ下二〙 (「おもいまぎる(思紛)」の尊敬語) 他の事に心が移って、今までのお気持がうやむやになる。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「おぼしまぎるる折もありつる昔の事、とり返し悲しくおぼさる」

おもい‐まが・う おもひまがふ【思紛】

[1] 〘他ハ下二〙 物事をまちがって別のものと思い込む。まぎらわしく思う。思い違える。
※源氏(1001‐14頃)明石「住みなれ給ひし故郷の池水、思ひまがへられ給ふに」
[2] 〘他ハ四〙 (一)に同じ。
※公忠集(986‐999)「まづ散りてのちに咲きぬるむめの花おもひまがふは雪にざりける」

おもい‐まぎ・る おもひ‥【思紛】

〘自ラ下二〙 他の事に心が移って今までの気持がうやむやになる。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「たふとき事どもに御心とまりて、れいよりは日頃へたまふにや、すこしおもひまぎれけむとぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android