思許(読み)おぼしゆるす

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐ゆる・す【思許】

〘他サ四〙 (「おもいゆるす(思許)」の尊敬語) 人の行為や希望などを心にゆるしみとめなさる。
源氏(1001‐14頃)明石「人ざまのあくまで思ひあがりたるさまのあてなるにおぼしゆるして見給ふ」

おもい‐ゆる・す おもひ‥【思許】

〘他サ四〙
① 人の行為や希望などを、心に許し認める。
※源氏(1001‐14頃)夕霧「坎日(かんにち)にもありけるを。もし、たまさかにおもひゆるし給はばあしからん」
② 自分の態度や決断などを自身に納得させる。ひとり、あきらめたり、慰めたりする。
※源氏(1001‐14頃)総角「これも、さるべきにこそはと、思ゆるして、心まうけし給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android