思遣(読み)おぼしやる

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐や・る【思遣】

〘他ラ四〙 (「おもいやる(思遣)」の尊敬語)
[一] (「やる」は追いやる意) 悩ましい気持をお晴らしになる。心をお慰めになる。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「われひとりさかしき人にておぼしやるかたぞなきや」
[二] (「やる」は遠くへ送る意) 目の前にない人や物に思いをはせられる。
① 遠くのものをはるかにお思いになる。想像なさる。
※落窪(10C後)四「人々の装束、木丁、屏風より初めて、只おぼしやれ」
② (人の身の上、心情などについて)思いめぐらされる。おしはかって同情なさる。
多武峰少将物語(10C中)「ましてかかる物思ひ添ひて侍れば、おぼしやれ」

おもい‐おこ・す おもひ‥【思遣】

〘他サ下二〙 思いをこちらによこす。こちらの方を気づかい思う。
※源氏(1001‐14頃)賢木「鈴鹿川八十瀬の浪にぬれぬれず伊勢まで誰かおもひをこせむ」

おもい‐やり おもひ‥【思遣】

〘名〙
① 推察。想像。思慮分別。
※蜻蛉(974頃)上「奥山の思ひやりだに悲しきにまたあまぐものかかるなになり」
※枕(10C終)八七「上もきこしめして『いと思ひやり深くあらがひたる』など」
② 人の身の上や立場、心情などについての察し。察していたわりの気持をもつこと。また、その気持。
※落窪(10C後)三「おのが心本性立腹に侍りて、思ひやりなく物いふ事もなん侍るを」
※源氏(1001‐14頃)末摘花「わりなの、人に恨みられ給ふ御よはひや。おもひやり少なう、御心のままならむもことはり」

おもい‐や・る おもひ‥【思遣】

〘他ラ五(四)〙
[一] (「やる」は追いやる、追放する意) 恋愛、心配事などのため陥っている重苦しい気持を追い払う。気をはらす。心を慰める。憂いを紛らす。
※万葉(8C後)一七・四〇〇八「天離る 鄙にはあれど 我が背子を 見つつしをれば 於毛比夜流(オモヒヤル) 事もありしを」
[二] (「やる」は遠くへ送る意) 眼前にない人や物に思いをはせる。
① 空間的に、また、時間的に、遠くのものをはるかに思う。想像する。推察する。
※古今(905‐914)雑下・九八〇「思やるこしの白山知らねどもひと夜も夢にこえぬ夜ぞなき〈紀貫之〉」
② (人の身の上、心情などについて)思い巡らす。気を配る。おしはかって気づかう。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あひ見むことのかたき道に出で立つ。父母・俊蔭、悲しびおもひやるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android