思邦歌・思国歌(読み)くにしのびうた

大辞林 第三版の解説

くにしのびうた【思邦歌・思国歌】

〔上代は「くにしのひうた」〕
故郷をしのんで詠んだ歌。くにしぬびうた。 「この歌は-なり/古事記 中訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる