コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急傾斜地崩壊危険区域

2件 の用語解説(急傾斜地崩壊危険区域の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

急傾斜地崩壊危険区域

崩 壊の危険がある急傾斜地で、崩壊することにより多数の居住者等に危害が発生することが予測される土地および隣接する土地のうち、急傾斜地の崩壊による災害 防止に関する法律に基づいて指定される区域をいう。区域内では開発行為の制限、土地の保全努力の義務、改善命令による措置が適用される。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

急傾斜地崩壊危険区域

がけの高さが5メートル以上、傾斜が30度以上で、がけの上と下に民家や学校などの公共施設が合わせて5カ所以上ある場所を県が指定する。県内には517カ所ある。指定を受けると、崩落を防ぐ対策工事の対象となり費用の9割を国か県が負担する。残りを市町村と住民が負担する。

(2012-11-04 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急傾斜地崩壊危険区域の関連キーワードα崩壊危険率崖崩れ急傾斜土砂崩れβ-崩壊多包条虫直接損害土砂災害警戒区域

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急傾斜地崩壊危険区域の関連情報